>

専門学校とは

専門学校の取り組み

専門学校のメリットは目指している仕事や職種への近道となる学校です。
技能と資格、両方が必要な職業の場合は学校を卒業と同時に資格を取得できる権利を得ることが出来ます。
また、資格だけではなく実習の時間も多くとられていますので、就業している環境と同じ作業をすることが出来ます。
手に職をつけることにより専門性を高めた人材になるので、就職にも有利になります。
目指す職業が特殊な専門職の場合もあり、専門学校に通うことで効率的に資格や技能を習得することが出来て、専門学校の講師は現役の専門職の方か、その道に精通していた方が殆どで、就職のサポートまで一貫して受けてくれる専門学校が多いです。
時間の都合もつくので利用する価値は大いにあると言えます。

不況故に専門職

専門的な知識や技術は利点が多く、一般的に難しい分野から需要が高まっています。
2011年の文部科学省の調べでは、大学就職率が60パーセントですが、専門学校の就職率は75パーセントと高いデータがでています。
ここまで就職率に開きがある理由は、就職希望者の傾向として不況から来る安定を求めているからです。
大学生は有名な一流企業を目指しますが、当然募集が殺到しますので希望の企業の内定を取ることが難しくなってきています。
一流企業に募集が殺到してしまっているので、中小企業には応募が無い状況が問題視されています。
専門職の人材が足りていないことから専門学校を選んで手に職をつけることが、現在の不況から安定を得ると考えられています。


この記事をシェアする