オークションで買い手を探そう

実際に確認してもらおう

車を見なければわからない

どれだけ情報を細かく説明欄に掲載しても、伝わらないことがあります。
そのままの状態で手続きを進めると、車を売ってからトラブルが起こります。
手続きを進める前に、車を見てもらってください。
内装を確認したり、実際に車を運転すると求めていた車なのか判断できるでしょう。
売り先の了承が得られた時にのみ、次の作業に取り掛かりましょう。

何となく気に入らない様子だったら、残念ですが今回は取引を避けた方が良いです。
納得しないまま手続きを進めても、後からトラブルが起こります。
ネットオークションで車を売る際は、トラブルが起こることは絶対に避けなければいけません。
手続きを進める時に、ノークレームノーリターンでお願いすることも忘れないでください。

近くに住んでいる人に売る

車を見せられるよう、なるべく近くに住んでいる買い手を見つけてください。
遠くに住んでいる人では、車を届けたり来てもらったりするのが大変です。
売る範囲を狭くしてください。
どこまでなら、車を持っていけるのか記載してください。
するとその範囲内に住んでいて、車を求めている人が反応してくれます。

仮に相手が車を見ないまま取引を進めても良いと言っていた場合でも、実物を見せないで売ることはしないでください。
そのまま取引を進めて、相手が納得しなかった場合に文句をいうかもしれません。
相手が何と言おうと、実物を見せてから売ることは徹底してください。
トラブルをさけるため、そのような決まりにしていると買い手にも伝えましょう。


TOPへ戻る